読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たかゆう日記

本が好きです。読んだ本を中心に、映画・マンガ・テレビなどについても言及できればと思います。

【小説】『何者』がイヤぁな雰囲気を見せつける

 

何者 (新潮文庫)

何者 (新潮文庫)

 

 

なかなか読めなかったけど、ようやく読めた。

 

淡々とした心理描写がベースで、感情が爆発する瞬間がある。『桐島、部活やめるってよ』のトーンと似ている。

 

就活って、人間不信になるシステムだと思うんですよ。ならざるを得ない。

 

面接で落ちたとしても、はっきりした理由がよく分からない。何が悪かったか。相対評価なのか、絶対評価なのか。精神的にツラいんですよね。

 

この社会に、自分は必要とされていないのではないか…

 

絶望の淵に立たされた気持ちになるわけです。

 

『何者』はジワリとその辺りの心理を描いているなと。ジワリとです。

 

5人の登場人物が一緒に就活対策しようとするのですが、三段階に分かれます。

 

1.和気あいあいな時期

情報交換もできるしみんなで頑張ろうと前向き

 

2.ギクシャク期

最終面接にいったらしいメンバーがいるのに、それを周りに伝えないし、だれも突っ込まない

 

3.疑心暗鬼
内定をとる難しさを実感する。あいつよりはマシだとマウンティングの取り合い。自分より下の人間を探し出す

 

人間の裏と表が出てきて、たまにドロッとした嫉妬が垣間見える。このバランスが朝井さん絶妙です。イヤぁな雰囲気。

 

で、SNSをうまく絡めているのがまたウマいなと。裏の本音がTwitter上に吐き出される。

 

『何者』というタイトル通り、自分をさらけ出せるか、ダメなところを見つめることができるかを突きつけてきます。

 

俺って他人とは違うって、みんな思うけど、ボロボロに否定されたとき、どうするかが試される。

 

そういった意味では就活生だけではなく、普遍的なテーマなんですよね。

 

映画版が観れてないのですが、俄然観たくなっています。

 

気になる。