たかゆうのエンタメ日記

エンタメ情報をまるっとお届け。ドラマ・映画・マンガ・本についても言及できればと思います。

ドラマ『東京タワー』ネタバレ全話あらすじ!最終回を原作小説から予想(永瀬廉主演)

ドラマ『東京タワー』は、永瀬廉主演で、20代の医大生が既婚女性と恋に落ちるはかないラブストーリー。

ドラマ『東京タワー』について、あらすじ・ネタバレで解説しながら、原作小説も紹介していきます!

2024年4月期ドラマ『東京タワー』は、テレビ朝日系毎週土曜よる11時放送。

www.tv-asahi.co.jp

ドラマ『東京タワー』あらすじ(ネタバレなし)

毎日に退屈し絶望していた、医大生・小島透(永瀬廉)。建築家の浅野詩史(板谷由夏)と出会うことで、恋に落ちていきます…。

主人公の小島透を、King & Princeの永瀬廉が演じていることで大きな話題を集めています。

ドラマ『東京タワー』登場人物

  • 小島透(永瀬廉):医学部に通う青年。詩史に惹かれていく
  • 浅野詩史(板谷由夏):建築家。透と男女関係に
  • 大原耕二(松田元太):透の友人。喜美子を誘惑する
  • 川野喜美子(MEGUMI):専業主婦。耕二に惹かれていく
  • 白石楓(永瀬莉子):透に思いを寄せる
  • 森山由利(なえなの):耕二の彼女
  • 川野比奈(池田朱那):喜美子の娘
  • 川野裕介(おいでやす小田):喜美子の夫
  • 浅野英雄(甲本雅裕):詩史の夫
  • 小島陽子(YOU):透の母親

ドラマ『東京タワー』スタッフ・主題歌

  • 脚本:大北はるか
  • 音楽:近谷直之
  • 監督:久万真路、松本喜代美、畑山創
  • ゼネラルプロデューサー:中川慎子(テレビ朝日)
  • プロデューサー:残間理央(テレビ朝日)、島本講太(ストームレーベルズ)、岡美鶴(アズバーズ)
  • 主題歌:King & Prince『halfmoon』
  • 挿入歌:Travis Japan『Sweetest Tune』
  • 制作協力:アズバーズ
  • 制作著作:テレビ朝日 ストームレーベルズ

ドラマ『東京タワー』原作小説は?

ドラマ『東京タワー』の原作は、江國香織の小説『東京タワー』です。2005年、岡田准一、松本潤で映画化されて、実に日本では19年ぶりの映像化となります。

ドラマ『東京タワー』各話ネタバレ

ドラマ『東京タワー』について、ネタバレで解説していきます。

ドラマ『東京タワー』1話ネタバレ

youtu.be

小島透(永瀬廉)は医大生で、母親と若い男性の同棲生活に嫌気がさしていました。透は、アルバイト先のビル設計者で建築家の浅野詩史(板谷由夏)と出会います。

詩史の車に入り込んだ猫を透が助けてあげると、泥がついてしまいます。そこで詩史は、「うちの事務所でシャワーを浴びていかない?すぐ近くだから」と言います。

透はシャワーを浴び、2人はお茶を飲みながら、いまの状況を話します。「東京タワーはさみしく見える」という詩史の言葉に、透は深く共感します。

後日、詩史から海外出張のお土産をもらい、惹かれ合っていることを認識します。詩史は夫がいることを伝えるものの、透は詩史にキスをします。

そして、ホテルで肉体関係を持つにいたります。

ドラマ『東京タワー』2話ネタバレ

透(永瀬廉)と詩史(板谷由夏)はホテルで肉体関係を持った後、再会を約束します。しかし、透の母・陽子(YOU)の友人として詩史と再会し、子供のころから知り合いだったことを知り、透はショックを受けます。

詩史は関係をなかったことにするよう切り出すが、透は諦めきれませんでした。透は強引に詩史の職場を訪れ、恋人関係を求めます。詩史も透の思いを受け入れ、年の差を越えた恋に落ちていくのです…。

一方、透の友人である耕二(松田元太)も、家庭教師をする生徒の母・喜美子(MEGUMI)を誘惑して、関係を持ちます。

ドラマ『東京タワー』3話ネタバレ

受賞パーティーに出席した透(永瀬廉)は、詩史(板谷由夏)の夫も、2人が会っていることを知っているとわかって、ショックを受けます。

しかし2人きりになったとき、「透といっしょにいるときの自分が好き」と詩史に言われて、透はうれしくなってしまいます。

一方、耕二は、人妻の喜美子と肉体関係を持ち続けていました。

透は、詩史とピアノコンサートへ。夜のバーに寄るものの、詩史は、夫の迎えで帰ってしまいます。1人残された透は、涙を流します…。

ドラマ『東京タワー』4話ネタバレ

詩史(板谷由夏)から、透(永瀬廉)に「元気だった?」と電話がきます。「元気ではなかったよ…」と答えながらも、連絡がきたことはうれしい様子の透。詩史は、フレンチのお店に誘います。透は「行くよ、行くに決まってる」と言ったものの、詩史は夫を連れてくるといいます。

夫婦のおしゃれな会話を聞きながら、透は疎外感を感じます。お会計で、透は支払いをしようとしますが、「私達が誘ったんだから」と詩史に断られます。「どうしてそんないい妻みたいな顔をするんだよ」と、透は心のなかでつぶやきます。

一方、耕二(松田元太)は、喜美子(MEGUMI)からベッドでお金を渡されます。「お金くらい渡さなきゃ悪い気がするの」と言われたことに、なにそれ?意味がわからないと、耕二は拒絶します。

耕二は「なんであんなに傷ついたんだ…」と、本気になることはないし、捨てるのは自分からと思っていたのに、混乱しています。

さらに、耕二と彼女の由利がいるときに、喜美子から連絡がきます。「いまから会えないかな」と誘われるのです。夫が出張に行って、娘も友だちの家にいる。朝まで一緒にいられると。耕二はどちらをとるのか、迷います。

透は大学の提出物が間に合わない状態で、そのとき同じ大学の白石楓(永瀬莉子)が手伝ってくれます。そのお礼に、透は楓と東京タワーへ。階段を登っていくと、楓は高所恐怖症で無理していたことわかります。透は楓の手をとって、東京タワーの頂上へ行きます。

そこで楓は、「小島くんのことが好きだからに決まってるじゃん。だからほっとけないんだよ」と、透に伝えます。そして楓は「あの人のことを忘れさせる」と、透をホテルに誘うのです。

詩史から透に電話がかかってくるものの、透は楓とベッドに…。

ドラマ『東京タワー』5話ネタバレ(最新話)

ドラマ『東京タワー』5話は、5月18日(土)23時から放送予定。

「彼女のことを好きになれたら…」。透(永瀬廉)が楓(永瀬莉子)にベッドで口づけしようとしたとき、イヤリングが見えて、詩史(板谷由夏)のことを思い出してしまいます。「ごめん無理だ」と透はつぶやきます。「どうして、あんなおばさん。絶対不幸になる」と、楓は涙ながらに言います。

透は、詩史のもとを尋ねます。「僕には詩史さんが必要なんだ」と伝えると、詩史は「わたしも同じよ。あの夜は残念なんてものじゃなかったわ。わたしのなかのだれかがどうしようもなく、あなたに会いたがっていた」。2人は、テーブルの下で手を触れ合います。

透は、由利とともに、高校の校舎に向かいます。そこで由利は、昔の耕二を知りたかったのです。行きつけだったラーメン屋で、由利は耕二の浮気を疑っていると話します。

透は、詩史とホテルへ行きます。詩史はスマホの通知があったものの、透との時間を選びました。「幸せかどうかはそう重要なじゃない。しふみさんに与えられる不幸なら、ほかのどんな幸福よりもずっと価値がある」。

一方、耕二(松田元太)は喜美子(MEGUMI)から電話があったとき、会えないと答えたことから、口ゲンカに発展してしまいます。「こんなヒステリーな女、うんざりだ」と思いながら、耕二は喜美子と濃厚にからみあいます。

そのとき、喜美子の娘が帰宅します。耕二と喜美子がベッドにいるところを、見てしまうのです…。

ドラマ『東京タワー』6話あらすじ

www.youtube.com

ドラマ『東京タワー』6話は、5月25日(土)23時から放送予定。

あらためて、浅野詩史(板谷由夏)といる時間に言いようのない幸せを感じるほどにのめり込んでいく小島透(永瀬廉)。その夜も、透を残し夫のもとへ帰ろうとする詩史から、唐突に「来月、軽井沢の別荘に行かないか」と誘いを受ける。透は、初めて一晩中一緒にいられることに喜びを噛みしめ、胸を躍らせる。 一方、川野喜美子(MEGUMI)との情事を娘の比奈(池田朱那)に目撃されてしまった大原耕二(松田元太)。比奈からスマホで撮影した2人の動画を見せられた耕二は、喜美子には言わない代わりに「私と付き合って」と迫られる…! 困り果てた耕二から相談を受けた透は、比奈に知られてしまったことよりも、「もう喜美子に会えなくなるかも…」と切なそうな表情を浮かべる様子に、思っていた以上に真剣な思いを垣間見る。 しかしそんな耕二の思いを知る由もない比奈は、大学の教室にまで現れ、「私とも寝てよ」と、再び耕二に迫る! 透にも助けを求め、もう喜美子にも全てを打ち明けて終わりにしようと心に決める耕二だったが、すでに事態はそう簡単には片付かないところまで進んでいて…!?

引用:『東京タワー』公式サイトより https://www.tv-asahi.co.jp/tokyotower/story/0006/

ドラマ『東京タワー』最終回予想!小説の結末(ネタバレ)

ドラマ『東京タワー』の最終回はどうなるのでしょうか? 原作小説の結末から予想します。

透(永瀬廉)と詩史の結末はどうなる?

「世の中でいちばん悲しい景色は、雨に濡れた東京タワーだ」という1文から物語ははじまります。

ドラマでは小さいころに、詩史と出会ったことを、透は覚えていません。小説では10代で詩史と出会ったと、透は記憶しています。そして詩史に惹かれて、2人は男女関係になります。

詩史は、初めて透に会ったときに「音楽的な顔した息子さんね」と言ったり、2人で会うようになってからも「なにか話して」「あなたの言葉好きなの」と、透を惑わしていきます。ドラマ版よりも、意味深なセリフが多いんですね。

軽井沢の別荘で過ごすなど、どんどん2人の関係が深まっていきます。

そして、透は父親の設計事務所に、詩史を呼び出します。そこで、帰らないでほしいと伝えるものの、詩史はそれは無理と突き放します。「いっしょに暮らそう」と透は、まっすぐな思いを伝えるのです。透と暮らすことはできないと言いながらも、詩史は朝までいっしょにいます。

それから、詩史のアシスタントして、透は就職しようと考えます。透は、母親からの反対にあいます。詩史と透の母親は、直接話すことになります。そして透は、詩史の夫とも顔を合わせます。

透と詩史、いっしょに暮らすことはないものの、2人の関係は続いていく予感のまま、物語は幕を閉じます。

2人がどうなったのか、明確には描かれていません。それだけにドラマ『東京タワー』では、どんな結末が待っているのか、気になりますね。

この時代で不倫を描くうえで、透と詩史は別れざるを得ない状況に追い込まれるのではないかと予想します。透がツラく切ない気持ちになっていく…。

耕二(松田元太)と喜美子の結末はどうなる?

耕二と喜美子の関係はかなり情熱的で、小説では喜美子には子どもはいません。耕二の女好きは、ドラマと同様です。彼女の由利と付き合いながら、人妻の喜美子とも関係を持ちます。

耕二と喜美子は、肉体関係の相性がよすぎて、激しい肉体関係を持ちますが、喜美子の思いが強いんですね。

ただ喜美子からの行動に、耕二は「もう終わりかも」と思うことが何度も出てきます。2人が逢瀬をしたあと、喜美子が現金を渡そうとしたり、喜美子が耕二に携帯を持たせようとしたりするんですね。

ある日、耕二に喜美子から電話がきて、涙ながらに「近くにいるから会いたい」と言ってきます。耕二は、彼女と家で映画を見ていたこともあり、喜美子と会おうとしませんでした。

後日、耕二は喜美子に電話するものの、「もう二度と会いたくない」と言われます。耕二はフラれたことに動揺し、喜美子のフラメンコ公演に行きます。しかし、喜美子の表情から怒りを感じただけで、終わってしまいます。

それだけではなく、彼女の由利も「もう信じられなくなった」と、耕二のもとを去っていくのです…。

やがて吉田という女の子が、耕二の家に転がり込んできます。吉田は、前に付き合っていた主婦・厚子の娘でした。さらに、耕二は和美という女性と付き合えないか、考えるのです。

耕二はどこまでも女好きというのはあるものの、やはり喜美子がいなくなることのショックが大きすぎたのがわかります。

ドラマ版でも、耕二と喜美子は、さらに燃え上がっていく関係になるのは間違いないでしょう。喜美子に子どもがいるだけに、複雑な状況になっていき、耕二と喜美子の優位性が逆転していく。そんな展開になるのではないかと思われます。

ドラマ『東京タワー』最終回予想!映画の結末(ネタバレ)

映画『東京タワー』は、岡田准一、黒木瞳、松本潤が出演して、大きな話題を集めた作品です。

透(岡田准一)と詩史の結末はどうなる?

映画版では、透と詩史は最終的に結ばれます。かなり透の母親・陽子が関与してきます。2人を別れさせようとして、透をパリに留学させるんですね。

詩史は、透と会えなくなったことで、抜け殻のようになり気力を失います。そんな状態の詩史を見て、夫は詩史を自由にさせることを決めます。

パリにいる透も、詩史のこと忘れられない状態になります。そこで母親の陽子は仕方なく、詩史に透の居場所を伝えました。

ついにパリで、透と詩史は再会し、2人は抱き合うのです。

危険で切ないラブストーリー

禁断の恋に落ちていくなかで、透の切なさとともに、詩史のミステリアスさが増していきます。この恋はどうなっていくのか、最終回まで目が離せません…。

『岸辺露伴は動かない』ネタバレ全話あらすじ!原作マンガ・小説も解説

ドラマ『岸辺露伴は動かない』は、NHKで放送されている、高橋一生主演ドラマ。

ドラマ『岸辺露伴は動かない』のあらすじ・ネタバレで解説しながら、マンガ原作も紹介していきます!

高橋一生と飯豊まりえが結婚発表!

ドラマ『岸辺露伴は動かない』で共演した、高橋一生と飯豊まりえの結婚が発表されました。

高橋一生は偏屈なマンガ家・岸辺露伴を演じ、飯豊まりえは編集者を演じていました。ドラマでは2人はバディを組んで、謎を追うのですが、息のあったやり取りが展開されるんですよね。

2人は「一つの作品に参加させて頂いた事がきっかけとなり、現場を共にする中で、互いに緑の深まりを感じておりました」と、ドラマ『岸辺露伴は動かない』について言及しています。

2人のコメント全文は以下のとおりです。

私事ではありますが、この度、高橋一生と飯豊まりえは入籍致しました。 一つの作品に参加させて頂いた事がきっかけとなり、現場を共にする中で、互いに緑の深まりを感じておりました。約一年の交際を経て、作品に関わる皆様からも祝福を受け、この日を迎えることが出来ました事を、ご報告させて頂きます。 彼女は自分の発する言葉で自身を覆すことなく、明るく生きることを諦めません。品性を持って歩みを進める彼女の純粋な時の力に、袋度となく教われて参りました。 物事や人に応じる時に努めて偏りなく考えて、知恵を使ってお茶目に人生を楽しむ彼の人柄に煮かれました。彼の笑顔や 情の深さに、いつも心を教われています。 これまでと変わらず、お芝居やひとつひとつの仕事に向き合って参りたいと思いますが、加えて俳優である以前に、人として生きていく事も益々充実させて参りたいと思っております。 今後とも宜しくお願い申し上げます。 令和六年五月十六日

高橋一生 飯望まりえ

引用元:エイベックス・マネジメント https://avex-management.jp/news/lpbi2

ドラマ『岸辺露伴は動かない』あらすじ(ネタバレなし)

岸辺露伴(高橋一生)は、少し偏屈なマンガ家。なによりもリアルを愛し、作品をおもしろくするためなら、どこでも取材で駆けつけます。

岸辺露伴には、「ヘブンズ・ドアー」という特殊な力があり、人の記憶を本にして読んで、さらには書き込んで、行動や感情を操ることができます。そして岸辺露伴と編集者・泉京香(飯豊まりえ)が、奇妙な出来事に遭遇していきます…。

ドラマ『岸辺露伴は動かない』登場人物

  • 岸辺露伴(高橋一生):人気マンガ家。「ヘブンズ・ドアー」という特殊な力がある
  • 泉京香(飯豊まりえ):岸辺露伴の編集担当

ドラマ『岸辺露伴は動かない』スタッフ

  • 原作:荒木飛呂彦
  • 脚本:渡辺一貴
  • 脚本協力:小林靖子
  • 音楽:菊地成孔/新音楽制作工房
  • 人物デザイン監修:柘植伊佐夫
  • 演出:渡辺一貴
  • 制作・著作:NHK NHKエンタープライズ ピクス

原作はマンガ『岸辺露伴は動かない』

原作は、同名マンガの『岸辺露伴は動かない』になります。荒木飛呂彦が原作。

岸辺露伴は、『ジョジョの奇妙な冒険』4部に登場するんですね。そのスピンオフ作品が、『岸辺露伴は動かない』です。

岸辺露伴が現実に出てきたかのように、高橋一生がものの見事に演じています!

ドラマ『岸辺露伴は動かない』各話ネタバレ

ドラマ『岸辺露伴は動かない』各話をネタバレで解説していきます!

ドラマ『岸辺露伴は動かない』1話「富豪村」ネタバレ

youtu.be

富豪村には、大富豪ばかりいて、マナーを守った者だけが土地を買えるといいます。この富豪村に、岸辺露伴と担当編集者の泉京香が訪れます。

富豪村を案内するのは、一究という少年でした。案内された部屋で2人は紅茶を飲みますが、京香はマナー違反をしてしまいます。岸辺露伴が、マナーの本質を解き明かし、一究を成敗しました。

原作マンガは?

『岸辺露伴は動かない』1巻、エピソード05「富豪村」になります。

ドラマ『岸辺露伴は動かない』2話「くしゃがら」ネタバレ

漫画家の志士十五が、禁止用語リストの「くしゃがら」という言葉が頭から離れず、取り憑かれたようになります。

岸辺露伴は、十五ののどに「くしゃがら」がいるとわかり、ヘブンズ・ドアーを発動させます。過去1ヶ月の記憶を消し去ることで、十五を救います。しかし、本屋の店主がまったく同じ症状になってしまい、くしゃがらの連鎖は続くのでした…。

マンガ原作は?

『岸辺露伴は叫ばない 短編小説集』の「くしゃがら」が、原作になります。

ドラマ『岸辺露伴は動かない』3話「D.N.A」ネタバレ

泉京香には、写真家の恋人・平井太郎がいました。彼は6年前の交通事故で、記憶喪失になっていました。そして、片平真依は夫を6年前に亡くしていました。

岸辺露伴は、太郎の臓器が真依の夫のものだったと指摘。太郎と真依、そして娘の真央、3人は再び結びつきが生まれたのです。

マンガ原作は?

マンガ『岸辺露伴は動かない』2巻の「D・N・A」が、原作になります。

ドラマ『岸辺露伴は動かない』4話「ザ・ラン」ネタバレ

youtu.be

岸辺露伴は、通っているジムで橋本陽馬に出会います。モデルの陽馬は、走ることに執着していました。そして陽馬が、露伴に勝負を挑んできます。

尋常ではなく走り続ける陽馬、強制的に露伴も走ることが止められなくなります。陽馬は、これまで邪魔する人を排除してきたことが判明。露伴はヘブンズ・ドアーを発動し、なんとか勝利します。

マンガ原作は?

マンガ『岸辺露伴は動かない』2巻の「ザ・ラン」が、原作になります。

ドラマ『岸辺露伴は動かない』5話「背中の正面」ネタバレ

岸辺露伴の家に、乙雅三が訪ねてきます。乙はリゾート開発会社の社員で、なぜか背中を壁に張り付けながら移動します。

どうにかして背中を見たいという衝動に駆られた露伴は、乙の背中を見ることができます。乙は背中がメリッと剥がれて死んでしまいます。代わりに、露伴の背中に、「チープ・トリック」というスタンドが取りつきました。露伴はやけになって振り向くことで、窮地を脱しました。

マンガ原作は?

マンガ『ジョジョの奇妙な冒険 第4部』カラー版16巻の「背中の正面」が、原作になります。

ドラマ『岸辺露伴は動かない』6話「六壁坂」ネタバレ

岸辺露伴が六壁坂村の山を買い占めます。それは、妖怪伝説を取材するためでした。

大郷楠宝子と、亡くなっても血が止まらない群平には、娘がいました。娘は事故により死亡。岸辺露伴がヘブンズ・ドアーを発動し、娘の記憶を改ざんして、生き返らせることに成功します。群平こそが、子孫を残す妖怪だったのです。

マンガ原作は?

マンガ『岸辺露伴は動かない』1巻の「六壁坂」が、原作になります。

ドラマ『岸辺露伴は動かない』7話「ホットサマー・マーサ」ネタバレ

露伴が飼い犬のバキンの散歩から帰宅すると、謎の女性がベッドにいました。

そして露伴は3ヶ月、時間が進んでいることに気が付きます。露伴は、祠にある鏡に姿を映さず左に1回転させることで、時間を取り戻します。

マンガ原作は?

『JOJO magazine 2022スプリング』の「ホットサマー・マーサ」が、原作になります。

ドラマ『岸辺露伴は動かない』8話「ジャンケン小僧」ネタバレ

岸辺露伴のマンガの大ファンの少年が、ジャンケンを挑んできます。2勝2敗で最後の勝負。露伴はパーを出すと伝えて、少年のクセを読み切り、勝利します。

マンガ原作は?

『ジョジョの奇妙な冒険 第4部』カラー版12巻(単行本40巻)の「ジャンケン小僧がやって来る!」が、原作になります。

ドラマ『岸辺露伴は動かない』9話「密漁海岸」あらすじ・ネタバレ

youtu.be

「密漁海岸」は、2024年5月10日(金)午後10:00、NHKにて放送されました。

岸辺露伴が海岸で、カニを観察にきていたら、大声で邪魔されてしまいます。男2人にスマホで調べればいいと言われて、岸辺露伴が「大事なのはリアリティ」と激昂。この男たちは密漁者で、岸辺露伴のヘブンズ・ドアーが発動します!

岸辺露伴の家の近くにイタリアンレストランがオープン。そこで露伴と京香は、シェフのトニオの謎の力を目にします。

京香は料理を口にすると、異常なほど涙が止まらなくなります。涙を流しきったら、すっきりしたと、睡眠不足が解消されたのです。岸辺露伴からは驚くほどのアカが出て、肩こりが治りました。

そう、トニオは、料理で客の体の悪いところを改善させることができるのです。

さらにトニオは、岸辺露伴にヒョウガラクロアワビを密漁しようと提案します。そのアワビは、どんな病気も治すというのです…。トニオには、病気の婚約者(蓮佛美沙子)がいました。

満月の夜、トニオと岸辺露伴が海へ。岸辺露伴は海のなかへ引きずりこまれます。岸辺露伴は、アワビのタコに対してヘブンズ・ドアーを発動。タコにアワビを攻撃させます。

アワビをとることはできなかったものの、アワビを摂取したタコを食べさせることで、トニオの婚約者も介抱に向かっていきます。

マンガ原作は?

「密漁海岸」は2つのエピソードが組み合わさっています。

『岸辺露伴は動かない』1巻のエピソード06「密漁海岸」が、原作になります。

もう一つは『ジョジョの奇妙な冒険 第4部』カラー版5巻(単行本33巻)の「イタリア料理を食べに行こう」が、原作になります。

マンガ『岸辺露伴は動かない』各巻目次

マンガ『岸辺露伴は動かない』は、2巻あります。

『岸辺露伴は動かない』マンガ1巻・目次

  • エピソード#16「懺悔室」
  • エピソード#02「六壁坂」(動画あり)
  • エピソード #05「富豪村」(動画あり)
  • エピソード #06「密漁海岸」
  • 岸辺露伴グッチへ行く【番外編】

『岸辺露伴は動かない』マンガ2巻・目次

  • エピソード #04「望月家のお月見」
  • エピソード #07「月曜日-天気雨」
  • エピソード #09「D・N・A」
  • エピソード #10「ザ・ラン」

小説『岸辺露伴は動かない』各巻目次

小説『岸辺露伴は動かない』シリーズは、3巻あります。

『岸辺露伴は叫ばない 短編小説集』・目次

  • 「くしゃがら」
  • 「オカミサマ」
  • 「Blackstar.」
  • 「血栞塗」
  • 「検閲方程式」

『岸辺露伴は戯れない 短編小説集』・目次

  • 「幸福の箱」
  • 「シンメトリー・ルーム」
  • 「夕柳台」
  • 「楽園の落穂」

『岸辺露伴は倒れない 短編小説集』・目次

  • 「黄金のメロディ」
  • 「原作者 岸辺露伴」
  • 「5LDK〇〇つき」

『岸辺露伴は動かない』の魅力

岸辺露伴の魅力がたまらないシリーズですが、起こる出来事が奇妙なんですよね。そしてシリーズ内の作品が、しっかり連動して、その点でも満足度が高いと思います!

ぜひドラマを見て、マンガも読んでほしいと思います。

『 花咲舞が黙ってない』ネタバレ全話あらすじ解説!原作小説も紹介

ドラマ『花咲舞が黙ってない』は、2024年4月から放送されていて、今田美桜が主演。

ドラマ『花咲舞が黙ってない』について、あらすじ・ネタバレで解説しながら、原作小説も紹介していきます!

www.ntv.co.jp

ドラマ『花咲舞が黙ってない』は、日本テレビ系毎週土曜よる9時放送。

ドラマ『花咲舞が黙ってない』あらすじ(ネタバレなし)

花咲舞(今田美桜)が、忖度だらけの日本社会で、銀行の悪事に真正面からぶつかっていきます。地位なし、権力なし、怖いものなしの花咲舞。バディを組むのは、相馬健(山本耕史)。2人がさまざまな問題を解決するため、大奮闘していきます。

さらに頭脳明晰のエリート昇仙峡玲子 (菊地凛子)が登場。2人に立ちはだかる強烈なキャラクターになります。閉塞感の時代を、花咲舞が変えていく痛快ドラマ!

『花咲舞が黙ってない』はHuluで全話配信中。

ドラマ『花咲舞が黙ってない』登場人物

ドラマ『花咲舞が黙ってない』の登場人物をまとめていきます。

  • 花咲舞(今田美桜):東京第一銀行に勤める銀行員
  • 相馬健(山本耕史):花咲舞の上司
  • 昇仙峡玲子(菊地凛子):東京第一銀行本部に所属するエリート銀行員
  • 花咲健(上川隆也):花咲舞の叔父。居酒屋の店主

ドラマ『花咲舞が黙ってない』スタッフ・主題歌

  • 原作:池井戸潤「花咲舞が黙ってない」「不祥事」
  • 脚本:松田裕子、ひかわかよ
  • 挿入歌:あかせあかり「いつか叶えたくて」
  • 音楽:菅野祐悟、得田真裕
  • 演出:南雲聖一
  • チーフプロデューサー:田中宏史
  • プロデューサー:小田玲奈、鈴木香織、能勢荘志
  • シリーズプロデューサー:加藤正俊
  • 制作協力:AX-ON
  • 製作著作:日本テレビ

ドラマ『花咲舞が黙ってない』半沢直樹は劇団ひとり!

www.youtube.com

ドラマ『花咲舞が黙ってない』の第5話では、半沢直樹が登場! 半沢直樹をだれが演じるのか話題になっていましたが、冒頭から劇団ひとりの姿が。半沢直樹は、劇団ひとりが演じていました。

そもそも原作小説の『花咲舞が黙ってない』に、半沢直樹が登場するんですね。合併が進められることになるのですが、産業中央銀行には若き日の半沢直樹が在籍しています。池井戸潤の小説世界がつながるのです。小説では、半沢直樹から凄みを感じると、存在感が示されていました。

原作は小説『花咲舞が黙ってない』

ドラマ『花咲舞が黙ってない』の原作は、池井戸潤の小説になります。

  • 『花咲舞が黙ってない』(中公文庫/講談社文庫)
  • 『不祥事』(講談社文庫/実業之日本社文庫)

lee578.hatenablog.com

ドラマ『花咲舞が黙ってない』各話ネタバレ

ドラマ『花咲舞が黙ってない』について各話ネタバレ紹介していきます。

ドラマ『花咲舞が黙ってない』1話ネタバレ

youtu.be

花咲舞(今田美桜)は、東京第一銀行羽田支店から、本部の「支店総括部臨店班」に異動することに。その仕事内容は、事務ミスの解決や指導であり、舞は肩を落とします。バディの相馬健(山本耕史)はやる気がないため、ちぐはぐな関係になってしまいます。

そんな中、舞は告発文を受け取ります。それは、藤枝支店長(迫田孝也)と取引先の株式会社エトランの癒着を調査してほしい、という内容でした。

舞と相馬は調査を開始し、藤枝がエトランからの裏金を受け取っている疑いがあるものの、決定的な証拠は見つかりません。一方で、告発文を書いたのは根津京香(栗山千明)だったことが判明。いつも「御願いします」の「御」の字を、漢字で書くことで、たどり着いたのです。

ついに舞は、藤枝支店長を詰める証拠を集めるものの、藤枝の処分は出向に留まります。東京第一銀行には、さらなる闇が渦巻いていたのです。

ドラマ『花咲舞が黙ってない』2話ネタバレ

youtu.be

舞の上司・芝崎太一(飯尾和樹)が、シニア管理職研修を終えますが、それは銀行の中年行員に対する無情な仕打ちでした…。

一方、舞と相馬は、取引先である白石珈琲を訪問します。白石珈琲が店舗を建てようとする予定地に、ライバル店・オマールカフェが先に出店することが続いていたのです。そして、銀行の調査部・畑仲康晴(三宅弘城)が、この事件に関与していたことが発覚します。

ドラマ『花咲舞が黙ってない』3話ネタバレ

youtu.be

舞と相馬が向かったのは、銀座支店でした。2人は取引先のアクアソートに対する振り込みミスの謝罪に向かったのです。

そこには、舞の憧れの女性行員である昇仙峡玲子(菊地凛子)の上司がいました。

しかし、アクアソートのお金の流れを見ると、不審な点が見つかりました。舞の調査により、アクアソートは反社のお金を、クリーンな会社に通すというマネーロンダリングを行っていたのです。

その裏には、銀座支店の小倉統括部長(矢柴俊博)が、糸を引いていました…。

ドラマ『花咲舞が黙ってない』4話ネタバレ

youtu.be

舞の元カレである平井(前野朋哉)が経営する「平井エンジニアリング」で、相馬の元上司・助川(山西惇)が役員として働いていることが分かります。

平井は、助川による会社乗っ取りの危機を、舞たちに相談します。まるで儲かってもいないのに、会社を手に入れたい理由がわからないというのです。助川は、M&Aで会社を乗っ取って、すぐに売却しようとしていました…。

ドラマ『花咲舞が黙ってない』5話ネタバレ・半沢直樹が登場!

youtu.be

ドラマ『花咲舞が黙ってない』5話(5月11日土 よる9時放送)では、半沢直樹が登場しました。半沢直樹を演じたのは、劇団ひとりでした。

花咲舞(今田美桜)と相馬健(山本耕史)は、温泉地にある眠山支店にやってきます。老舗旅館の八坂社長は、融資5億円がおりないことで困っていました。眠山支店の前浜支店長(マギー)は、ここには未来がないと融資に消極的でした。2人は旅館に宿泊することで、突破口を探そうとします。

そこで、2人はメガバンクのトップによる極秘会談を目にします。東京第一銀行の牧野(矢島健一)、紀本(要潤)、昇仙峡玲子(菊地凛子)、産業中央銀行の景山(三浦浩一)がいっしょにいたのです。いったいなにが?

白鷺亭から、融資を辞退したいと言われてしまい、産業中央銀行が融資をしてくれることになったのです。その裏には、半沢直樹がいました。

そして、東京第一銀行と産業中央銀行の合併が発表されます。トップ会談と、産業中央銀行が白鷺亭に融資したことがつながっていたわけです。

昇仙峡が、半沢直樹と対峙します。昇仙峡は、合併の解禁前に、半沢が眠山支店に情報を漏らしたのではないかと追及します。しかし半沢は、「私たちが考えるべきはお客様の利益」と返すだけでした…。

昇仙峡は「やり方が汚い!」「よくわかりました、あなたという人が」と、半沢をにらみます。

ドラマ『花咲舞が黙ってない』6話ネタバレ(最新話)

youtu.be

ドラマ『花咲舞が黙ってない』6話は、5月18日(土)よる9時放送。

花咲舞(今田美桜)と相馬健(山本耕史)は、舞の叔父・花咲健(上川隆也)と寿司屋へ行きます。その寿司屋の常連客・谷原道代(宮崎美子)から相談を持ちかけられます。5年前に亡くなった娘・奈保子(堀田茜)の銀行口座で、何千万円もの動きがあったというのです。

それから花咲舞と相馬は、「ブレインリーチ」というベンチャー企業に、アプローチしていきます。ブレインリーチが設立されたのは、もやもや病を開発していたヘブン製薬が倒産したあとで、亡くなった娘・奈保子のお金が引き出された直後でした。

ブレインリーチのCEO香坂(猪塚健太)は、花咲舞と相馬が立ち去ったあと、「銀行の奴らがヘブン製薬のことを嗅ぎ回っている」と、電話をかけます。その電話相手は、もやもや病の開発を行っていた平岡でした…。

花咲舞がもやもや病の論文を見ていると、香坂と平岡がつながっていることに気づきます。花咲舞と相馬が、平岡を問い詰めると、ヘブン製薬でもやもや病を開発していて、奈保子自身の希望で、口座を使うようになったことがわかります。

ヘブン製薬が倒産したとき、連帯保証人として平岡には返済額がありました。同時に平岡には親の遺産があったのですが、それを返済に当てるのではなく、新薬開発に当てようとしたのです。そのため、遺産を一時的に、奈保子の口座に移しました。

平岡は奈保子と付きあっていたこともわかりました。平岡は奈保子の母・道代と会って謝罪をします。

そして、相馬の同期が自殺したのですが、その同期は、昇仙峡玲子(菊地凛子)の元恋人だったことが明かされます…。

ドラマ『花咲舞が黙ってない』7話ネタバレ

www.youtube.com

ドラマ『花咲舞が黙ってない』7話は、5月25日(土)よる9時放送。

あらすじ

花咲舞(今田美桜)と相馬健(山本耕史)は臨店先の四谷支店で、かつての同僚でローン担当者の仲下小夜子(大西礼芳)と再会。小夜子が海外で働くために近々退職すると聞き、舞と相馬は驚きながらも門出を祝福。 臨店を終えて2人が本部に戻ると、芝崎太一(飯尾和樹)から再び四谷支店に行って欲しいと声がかかる。 新宿で起こった無差別刺傷事件の犯人富樫研也(夙川アトム)が、四谷支店でローンを断られていたことが判明し、銀行の対応に不備がなかったかを内部調査する必要があるとのことで……。

舞は小夜子が担当だったのでは?と心配していたが、富樫のローン担当者は入社2年目の三宅翔太(倉悠貴)。三宅は、対応に不備はなかったと語り、富樫のローン書類を見せる。相馬が見た限りでも不備は見当たらなかったが……。 その日の夜。舞と相馬と小夜子は、花咲健(上川隆也)の店「花さき」で飲むことに。そこで小夜子は三宅の富樫への接客態度が気になっていたと告白。親の介護で疲れ切っていた富樫の話を三宅が親身に聞いていれば、富樫は事件を起こさずに済んだのではないか?自分が三宅をちゃんと指導していれば…と小夜子は後悔の想いを語る。舞と相馬は、小夜子のせいではないし、銀行の対応に不備はなかった、と励ますが……。

数日後。四谷支店にまたもや災難がふりかかる。四谷支店の大口の取引先である舟町ガスが、業務用ガス機器の欠陥を隠蔽していたせいでガス爆発事故が発生。複数の飲食店が営業停止に追い込まれてしまったのだ。小夜子の退職間際に起こった2つの大きな事件は、その後、思いもよらぬ形で繋がって……!?

引用:ドラマ『花咲舞が黙ってない』公式サイトより

「花咲舞が黙ってない」シリーズ

『花咲舞が黙ってない』はシリーズとして3冊出ています。

小説『花咲舞が黙ってない』あらすじ・ネタバレ

半沢直樹が登場するエピソードを含む全8話になります。

  • 第一話 たそがれ研修:花咲と相馬が、取引先の飲食店レッドデリを調査。内部情報が競合他社に漏れた経緯を追う。
  • 第二話 汚れた水に棲む魚:取引先のアクアエイジで手続きトラブルが発生!花咲と相馬は謝罪に訪れるのだが…。
  • 第三話 湯けむりの攻防:花咲と相馬が、老舗旅館の白鷺亭への融資案件を担当する。一方、東京第一銀行と産業中央銀行の合併が発表される。
  • 第四話 暴走:新宿で暴走事故が発生!取引先・舟町ホームの手抜き工事が発覚する。花咲と相馬が調査に乗り出す。
  • 第五話 神保町奇譚:花咲と相馬は神保町の寿司屋にて、高齢の女性から謎の相談を持ちかけられる。
  • 第六話 エリア51:東京第一銀行がメインバンクの大手電機メーカーによる粉飾決算が発覚する…。
  • 第七話 小さき者の戦い:相馬は希望ヶ丘派出所に異動。花咲はある不動産への融資を調査する。
  • 特別収録短編 犬にきいてみろ:花咲がお見合い相手からの悩みを聴き、立ち上がる…。

小説『不祥事』あらすじ・ネタバレ

本作で花咲舞が初登場!バディの相馬とともに、不正を暴いていきます。全8話の短編集。

「不祥事」では、取引先の伊丹百貨店の職員の給与データが紛失してしまいます。その謎を、花咲と相馬が追います。

lee578.hatenablog.com

『花咲舞が黙ってない』はHuluで全話配信中。

花咲舞の魅力とは?

「お言葉を返すようですが」と追求する姿が、今田美桜さんの魅力も相まって、かっこいいんですね。今の時代だからこそ、花咲舞の言葉が心に響きます!

『世界でいちばん透きとおった物語』ネタバレ解説・衝撃のラスト!紙の本だからこその驚き

『世界でいちばん透きとおった物語』は杉井光による小説です。

  • 紙の本でしか体験できない感動!
  • 電子書籍化絶対不可能!

といったように予測不能な衝撃のラストが待ち構えています。いやぁ、大げさだろうと思ってたものの、驚きでした…。

『世界でいちばん透きとおった物語』について、ネタバレ・あらすじ紹介しながら、どのようなラストなのか、解説していきます。

『世界でいちばん透きとおった物語』あらすじ(ネタバレなし)

大御所ミステリ作家・宮内彰吾が、61歳で亡くなります。宮内の死後、彼の長男から燈真(とうま)に連絡が入ります。

宮内は妻がいながらさまざまな女性と交際していて、そのうちの一つの子どもが、燈真だったのです。

長男はなにか知らないか?と、燈真に尋ねます。宮内は『世界でいちばん透きとおった物語』というタイトルの小説を書いていたらしく、

そして、奇妙なきっかけから燈真は、父の遺稿を探すことになるのです。そもそも完成していたのか?どういった内容だったのか?

『世界でいちばん透きとおった物語』登場人物

  • 藤坂燈真:主人公。遺稿を探すことになる
  • 宮内彰吾::大御所ミステリ作家
  • 宮内亮太:宮内彰吾の長男
  • 霧子:編集者。燈真の母親とも仕事をしていた

『世界でいちばん透きとおった物語』ネタバレ解説

『世界でいちばん透きとおった物語』について、ネタバレで解説していきます!

【世界でいちばん透きとおった物語】犯人はだれ?

燈真が、『世界でいちばん透きとおった物語』の原稿を探すなかで、どうにも妨害されていることがわかってきます。

燈真が自宅に帰ってきたときに鍵がかかっていなかった。侵入者がいたことがわかります。宮内彰吾の執筆メモと携帯電話が盗まれていたのです。執筆メモには、晩年の作品と執筆枚数が記されていました。『世界でいちばん透きとおった物語』が存在すると思ったきっかけになったメモです。

さらに、燈真は『世界でいちばん透きとおった物語』の原稿を手に入れるため、父親が懇意だった女優・琴美が住んでいた狛江の自宅へ向かいます。狛江の自宅には、原稿を見つけたものの、火災が起きて燃やされてしまいました…。

その犯人は、宮内彰吾の妻でした。

【世界でいちばん透きとおった物語】宮内彰吾は人を殺しかけたことがある?

宮内彰吾は人を殺しかけたという話が、さまざまな人の話から出てくんですね。

「腹にえものを突き入れて、手足も胴体もばらばらにして、臓器ごと引きずり出す」と、殺し方を語っていたようでした。

これは、考えてみると順番がおかしい。腹にえものを突き入れて、臓器を引きずり出すが先になるはずです。

だがすべてをそのままに解釈すると、堕胎する順番ということになります。すなわち、燈真のことを話していたんですね。

宮内彰吾は堕胎するように迫ったが、燈真の母親は拒否して、出産をしたというわけです。

【世界でいちばん透きとおった物語】どんな内容?

『世界でいちばん透きとおった物語』は、一見普通のミステリー作品として読めます。これは燈真に向けた作品だったことが判明します。

話としては完結しているものの、

燈真の特異体質がありました。紙の本が読めない、ゲラ刷りなら読めるんですね。ここから、燈真は次のページの文字が、はっきり見える目を持っていることがわかります。

本を読んでいると次のページの文字が、薄く見えますよね。それが燈真には文字が読めるくらい、見えるのです。

これは通常の本が読めないということにつながります。

そんな体質の燈真でも、本を読んでほしいと、宮内彰吾がチャレンジしたのが、『世界でいちばん透きとおった物語』だったのです。

【世界でいちばん透きとおった物語】驚きの仕掛けとは?

ではいよいよ、『世界でいちばん透きとおった物語』の最大の仕掛けを明かしていきたいと思います。

※ホントにネタバレなしで驚きたいなら、ここから先は読まずに本を手にとってほしいです…!

というわけで、ネタバレいきます。

『世界でいちばん透きとおった物語』は、燈真が読めるようにした本。そのために、左右対称の本にしようとしたのです。

少しわかりづらいですよね!?

実際の本を見てみましょう。

わかりますかね…。

  1. P10の1行目と、P11Pの最後の行が、同じ文字数になっている
  2. 同様にP10の2行目と、P11Pの最後から2行目が、同じ文字数になっている
  3. さらにP10の3行目と、P11Pの最後から3行目が、同じ文字数になっている

文字数をそろえることで、文字が透けることがなくなるんです。P11を読んでいるときに、P12の文字は裏写りしていないんです!1文字も。

これだけではありません。

『世界でいちばん透きとおった物語』がすごいのは、この小説自体、全ページで同じ細工をしているんですね。

物語の終盤で、宮内彰吾は左右対称にすることをあきらめていたことがわかります。その意志を受け継いで、燈真が左右対称の小説を書いたのが、本作なんです。

いやはや、全ページを見かえしたなる衝撃…。

  • 紙の本でしか体験できない感動!
  • 電子書籍化絶対不可能!
  • あなたの見る世界は透きとおる!

といった宣伝文句の意味がわかると思います。

どれだけの時間がかかったのでしょうか。一つの小説を書くのもたいへんなのに、文字数をすべてそろえるという気の遠くなるようなことをやっているのですから。

【世界でいちばん透きとおった物語】「 」の意味は?

まだまだ『世界でいちばん透きとおった物語』には、仕掛けがあります。

小説の最後のページ。ここに「 」が存在するんですね。

宮内彰吾が沈めた言葉、そして燈真が伝えたい言葉。

「 」があることで、次のページの言葉が透けて見えるのです。

そこに書かれた言葉は、「ありがとう」。

驚きとともに感動が押し寄せてくるラストになっています。

紙の本だからこその驚きの読書体験を!

文字や段落を使った仕掛け本はいくつもありますが、『世界でいちばん透きとおった物語』はその究極本といってもいいと思います!

手のこんだ仕掛けと、なによりラストがすばらしいなと。タイトルとともに、練りに練られた仕掛けになっています。

ネタバレがわかったとしても、その感動は本を手にとってこそなので、ぜひ一読してほしいと思います!

『クスノキの番人』ネタバレ解説!映画・ドラマ化、続編は?

『クスノキの番人』は東野圭吾のハートウォーミング作品。

クスノキの木に祈ることで、さまざまな人と人の関係性が変化していきます。東野作品であるので、謎要素もあり、先が気になるのは間違いなし!

『クスノキの番人』についてネタバレで解説していきます。

lee578.hatenablog.com

『クスノキの番人』あらすじ

クスノキは、その木に祈れば願いが叶うと言われている神聖な木。「クスノキの番人」を任された青年・玲斗と、クスノキのもとへ祈念に訪れる人々の物語。

玲斗は、不当な理由で職場を解雇されていて、そのことに腹を立て、罪を犯してしまいます。逮捕されて起訴を待つ身となってしまったのですが、突然弁護士が現れます。

依頼人の命令を聞けば釈放してくれるというのです。ここから玲斗は、クスノキの番人となります。

『クスノキの番人』続編は?

『クスノキの番人』は続編が発表されています。

タイトルは『クスノキの女神』。2024年5月23日発売となります。

不思議な力を持つクスノキと、その番人の元を訪れる人々が織りなす物語。シリーズ待望の続編です。

『クスノキの番人』登場人物

  • 直井玲斗:クスノキの番人に任命される。
  • 柳澤千舟:玲斗の伯母。玲斗にクスノキの番人になることを命じる。
  • 直井美千恵:玲斗の母親。
  • 佐治寿明:クスノキに祈念している。
  • 佐治優美:佐治寿明の娘。父の浮気を疑っている。
  • 岩本義則:玲斗を保釈した弁護士。
  • 大場藤一郎:大手和菓子メーカーの社長。
  • 大場荘貴:大手和菓子メーカーの跡継ぎ。

『クスノキの番人』映画化・ドラマ化は?

『クスノキの番人』映画化・ドラマ化は、現時点では情報が公になっていません。

しかし、ハートウォーミングな展開で、東野圭吾作品なので映像化されることは間違いないでしょう。

『クスノキの番人』ネタバレ解説

ここから『クスノキの番人』について、ネタバレ解説していきます。

クスノキの番人とは?

玲斗は、月郷神社のクスノキの番人として仕事を任されました。この神社には本殿はあるものの、本当に守るべきなのは境内の奥にある、空洞を持つ巨大なクスノキでした。

このクスノキには「中に入って願掛けをすると願いが叶う」という伝説があり、パワースポットとして有名になっていました。玲斗の役割は、番人としてクスノキを管理し、祈念に訪れる人々への対応をすることでした。

しかし、実際の仕事は予約管理や祈念者へのロウソクの配布、火の始末の確認といった簡単なものでした。クスノキの内部で何が行われているかを探ることは禁じられており、玲斗はその内情を知らずに番人を務めていました。

クスノキの祈念のルールとしては、以下があります。

  • 新月の夜に預念し、満月の夜に受念できる
  • 預念者と血縁者だけが、念を受け取れる

佐治家の娘からの疑い

佐治寿明は、クスノキに願いを預けるため祈念に訪れていました。しかし、その様子を娘の優美に盗み聞きされてしまうのです。優美は最近父の行動が怪しく、浮気を疑っていたのでした。

実は寿明の動機は、実兄・喜久夫の願いを受け継ぐことにあったのです。喜久夫は才能あるピアニストでしたが、人生の挫折から脱落し、アルコール依存症にもなっていました。

母・貴子だけが喜久夫を支え続けたものの、晩年になり認知症を発症。喜久夫は亡くなる前に、クスノキに母への想いを込めた「曲」を預けていたのでした。

兄の遺した「曲」を形にする。寿明は兄の遺した「曲」を受け取るため、クスノキで祈念していたのです。すると不思議な体験から、兄の曲の一部始終を心に感じ取ることができました。

しかし認知症の母は曲を受け取れず、寿明は自分なりの方法で曲を形にしようと考えます。つまり鼻歌で兄の曲を再現し、知り合いの音楽家に起こしてもらおうというのです。

優美が愛人だと疑った女性こそが、この音楽家でした。寿明は度重なる祈念を重ね、鼻歌の精度を上げようとしていたわけです。しかし素人の寿明には限界があり、兄の本当の想いを形にすることはなかなか難しかった。

優美は、徐々に父の行動の本当の意味に気づいていくことができたのです。

壮貴と息子の祈念

大場壮貴は和菓子メーカー「たくみや本舗」の跡継ぎですが、実は亡くなった父・藤一郎とは血の繋がりがありませんでした。この事実を知っているのは二人だけ。

藤一郎は、亡くなる前にクスノキに自分の「念」を預けました。しかし、クスノキでは血縁者しか「念」を受け取ることができない決まりがありました。それでも藤一郎は、壮貴にだけ受念させるよう遺言しました。

その狙いは、壮貴に「受念できた」と嘘をつかせ、血の繋がった本当の息子であるかのように見せかけること。

遺言を知った壮貴は、父の望むように、受念できたことを選択します。

千舟と玲斗の物語

玲斗が自分を卑下する言葉に、千舟は苛立ちます。やがて玲斗は、千舟のおかげで人生が変わり、クスノキの番人としても成長を遂げていくんですね。

後継者に選んだのは、千舟が認知症だと気づいたことと、玲斗の母・美千恵への償いの気持ちがあったから。玲斗と千舟の絆が、本作の大きな幹となっています。

クスノキシリーズの世界へ

続編も発売されることで、シリーズ化となります。

クスノキシリーズは映像化もされる可能性が高いので、ぜひこの機会にシリーズ2冊、手にとってほしいと思います!

lee578.hatenablog.com

『オッペンハイマー』おすすめ本5選!映画がよくわかる解説本

クリストファー・ノーラン監督の『オッペンハイマー』が日本でも公開!

かなり登場人物が多いのと、映画を見る前後で、知識を補完したくなる映画だと思います。

そこで、『オッペンハイマー』についてさらに深い知識を得ることができる本を紹介していきます!

オッペンハイマーはどんな人物?

オッペンハイマーは「原爆の父」と呼ばれます。

オッペンハイマーは、ロス・アラモス研究所初代所長としてマンハッタン計画を主導しました。マンハッタン計画は、原子爆弾を開発する国をあげての事業なんですね。

広島、長崎に災厄をもたらしたわけですが、オッペンハイマーは原爆による被害や、水爆誕生に対して、罪の意識を感じていました。

映画『オッペンハイマー』はどんな内容

クリストファー・ノーラン監督が、オッペンハイマーを題材に超大作に仕上げています。登場人物は50人以上、時系列をシャッフルするため、少しわかりづらさがありますが、重厚な内容になっています。後半の展開に圧倒されます…。

第96回アカデミー賞(2024)で最多7冠に輝きました。日本では、2024年3月29日に劇場公開。

www.oppenheimermovie.jp

オッペンハイマー主な登場人物

政治編

  • ルイス・ストローズ:米原子力委員会委員長。オッペンハイマーを陥れようとする。
  • ジーン・タットロック:オッペンハイマーと恋仲に。
  • レスリー・グローブス:マンハッタン計画の責任者。オッペンハイマーを抜てきした。
  • ロジャー・ロッブ:オッペンハイマーを追い詰める弁護士。
  • ケネス・ニコルズ:グローブスのもとにいたが、のちにストローズ側へ。
  • ボリス・パッシュ:オッペンハイマーが共産主義に傾倒していたと証言する。
  • ハリー・トルーマン:原子爆弾投下時のアメリカ大統領。

科学者編

  • アーネスト・ローレンス:オッペンハイマーと意気投合した科学者。スポンサーを引っ張る。のちに袂を分かつ。
  • エドワード・テラー:水爆実験を推進する。
  • ニールス・ボーア:量子力学の親といわれる科学者。ユダヤ人。原爆を管理する国際協定を呼びかけた。
  • イジドール・イザーク・ラービ:マグネトロンを作った。CERNを創設。ブラウン管や真空管につながる。
  • キャサリン・オッペンハイマー:オッペンハイマーの妻。科学者でもあった。

オッペンハイマーおすすめ本【必読本】

まずは必読のおすすめ本です!

『オッペンハイマー』上中下

映画の原作本となるのが、ハヤカワ文庫から出ている『オッペンハイマー』上中下です。

  • 『オッペンハイマー 上 異才』
  • 『オッペンハイマー 中 原爆』
  • 『オッペンハイマー 下 贖罪』

オッペンハイマーの幼少期からたどり、才能を開花していく過程を追っていきます。さらにマンハッタン計画や裁判まで、オッペンハイマーの人生から、原爆がもたらした世界の変貌が見えてきます。2006年ピュリッツァー賞受賞作品。

『ロバート・オッペンハイマー 愚者としての科学者』

日本人の著者によるオッペンハイマー評伝。

丹念に資料に当たるだけではなく、オッペンハイマーの周辺人物に聞き込みをしているんですね。日本視点が盛り込まれているため、ぜひ読んでほしい内容になっています。

『オッペンハイマー 原爆の父はなぜ水爆開発に反対したか』

オッペンハイマーに確実な知識を身に着けたいなら、本書はおすすめです。新書なので手短かにオッペンハイマーについて概要を把握することができます。

オッペンハイマーおすすめ本【上級編】

ここからは上級編となります。

『原子力は誰のものか』

オッペンハイマーが登壇した6つのスピーチが収録されています。オッペンハイマーの貴重な肉声になるんですね。核兵器がもたらしたこと、国家の意思決定や科学の関係について、私見がわかります。

『ヒロシマ・ナガサキのまえにーオッペンハイマーと原子爆弾ー』

アメリカの視点から原子爆弾はどう見えているのか? アメリカで放送されたドキュメンタリー映画をもとに、文書、写真、科学者たちのインタビューで構成されています。

オッペンハイマーについて学ぶ

原爆の被害国として、オッペンハイマーがどういった人物だったのか、学ぶべきだと感じました。

クリストファー・ノーランの映画『オッペンハイマー』を観ながら、今回紹介した本を手にとってほしいと思います!

『ある行旅死亡人の物語』ネタバレあらすじ解説!実話のその後は?

『ある行旅死亡人の物語』は、謎めいた孤独死をとげた女性の身元解明に、記者2人が奔走する内容になります。ノンフィクション作品。

これがまた真実に迫る過程に、どんどん先が気になっていくんですね。

『ある行旅死亡人の物語』について、あらすじやネタバレを交えて解説していきます。

『ある行旅死亡人の物語』あらすじ

ある女性が、尼崎市のアパートで亡くなっていた…。行旅死亡人の情報を見ると謎だらけでした。

  • 住所、氏名不明
  • 年齢75歳ぐらいの女性
  • 身長133センチ
  • 中肉
  • 右の手指すべて欠損
  • 所持金3,400万円

右手の指はすべてなく、所持金がかなりの高額だったのです。この女性はどういう人でどういう人生をおくっていたのか、共同通信の記者2人が追いかけていきます。

行旅死亡人とは?

行旅死亡人とは、病気や行倒れ、自殺などで亡くなり、身元が判明しないまま、引き取り手がいない死者のこと。

死亡場所を管轄する自治体が火葬することになります。死亡人の身体的特徴や発見時の状況、所持品などを官報に公告し、引き取り手を待ちます。

『ある行旅死亡人の物語』登場人物

  • 行旅死亡人(謎多き女性):田中と名乗っていたが偽名。
  • 女性の旦那:婚姻届は出されていなかった。
  • 武田惇志:共同通信の記者。行旅死亡人を調べるのが趣味。
  • 伊藤亜衣:共同通信の記者。武田の同僚。

『ある行旅死亡人の物語』ネタバレ

『ある行旅死亡人の物語』についてネタバレ解説します。

謎だらけの行旅死亡人

2020年に死亡した女性の行旅死亡人情報に、記者の武田が目を止めます。弁護士や探偵に情報をもらうものの、まったく謎だらけ。遺品がこちら。

  • 所持金は3,400万円のほかに、1000ウォン
  • 星形の模様のあるロケットペンダント
  • ペンダントの中には数字が記されていた

また家に電話があったものの、通話履歴はなく、基本料金だけ支払っていたのです。現金があるのに、エレベーターもない風呂もない、古いアパートに40年近く住み続けたのもおかしな話です。

大家も女性のことを詳しく知らないようで、右手の指がないことは気づかず、独身だったと言います。

調べていくと、名乗っていた田中千津子は偽名。旦那さんもいたのだが…。

行旅死亡人の身元が確定する

遺品のなかに、大きなヒントが見つかります。珍しい姓の印鑑があったのです。同じ名字の人々を訪ねて、家系図を作りながら、広島へと向かいます。2人の記者が、ネット検索と足で取材していきます。

そして、ついに彼女の身元にたどり着きます。親族とのDNA鑑定も行うことで、身元が確定します。

残された謎…

しかし謎は残されたままです。北朝鮮の工作員という可能性があるものの、確かなことはわからないままです。

すべての謎が解明できないのも、ノンフィクションだからこそ。彼女の人生に思いを馳せることになります。

人生を思う

人生とはなにか? 死亡したときに身内がいない状態だったとき、だれが知らせることができるのか。

2人の記者の執念を感じることができるノンフィクションです。

「人間の足跡、生きた痕跡は、必ずどこかに残る。そう、たとえ行旅死亡人でも、である」

『成瀬は天下を取りにいく』あらすじ・ネタバレ・名言5選を紹介!

『成瀬は天下を取りにいく』は、本屋大賞2024年を受賞した作品!

主人公の成瀬に惹かれることは間違いなし。とにかく痛快なんですね。

『成瀬は天下を取りにいく』について、あらすじ・ネタバレ紹介しながら、名言もまとめていきます!

lee578.hatenablog.com

『成瀬は天下を取りにいく』あらすじ・魅力

女子中学生の成瀬は、かなり言動が破天荒なんですね。

  • 閉店予定のデパートに毎日通い、テレビの生中継に映り込む
  • M-1グランプリに出場する

といったように、成瀬によって周囲の人が巻き込まれていくのです。

そして読み進めていくうちに、成瀬の言動に共感したり、応援したくなったりします。彼女には人を惹きつける不思議な魅力があるんですね。笑えいながらもちょっぴり泣ける、痛快小説になっています!

『成瀬は天下を取りにいく』目次

  • ありがとう西武大津店
  • 膳所から来ました
  • 階段は走らない
  • 線がつながる
  • レッツゴーミシガン
  • ときめき江州音頭

『成瀬は天下を取りにいく』登場人物

  • 成瀬あかり(なるせ あかり):滋賀県大津市生まれ。破天荒さで周りを振り回す。
  • 島崎みゆき(しまざき みゆき):成瀬の幼なじみ。コミュ力が高い。
  • 稲江敬太(いなえ けいた):大阪のウェブ制作会社に勤務。
  • 吉嶺マサル(よしみね マサル):稲江の旧友。
  • 大貫かえで(おおぬき かえで):膳所高校1年生。
  • 西浦航一郎(にしうら こういちろう):広島・錦木高校の男子高生。

『成瀬は天下を取りにいく』ネタバレ

『成瀬は天下を取りにいく』について、ネタバレで紹介していきます。

ありがとう西武大津店

中学2年生の夏休み、成瀬あかりは幼なじみの島崎みゆきに宣言します。

「島崎、わたしはこの夏を西武に捧げようと思う」

西武大津店は、コロナ禍で閉店が控えていました。だから毎日通ってテレビ中継に映ろうというのです。

西武ライオンズのユニフォームを着て、成瀬は西武に毎日通い続けます。そして島崎もいっしょに通うようになり、西武のお客さんにも声をかけられるまでになります。

最後に「将来わたしは大津にデパートを建てる」と宣言して終わります。

膳所から来ました

夏休みが終わると、成瀬は島崎に宣言します。

「島崎、わたしはお笑いの頂点を目指そうと思う」

出身地である膳所(ぜぜ)を冠して、漫才コンビ「ゼゼカラ」を結成します。そして、M-1グランプリに出場することになります。

階段は走らない

大阪勤務の稲江敬太は、西武大津店の閉店をきっかけに、同窓会を企画します。そして吉嶺マサルといっしょに、小学校6年のときから音信不通になっていたタクローを探し出そうと決意します。

線がつながる

大貫かえでは、膳所高校で、中学時代に苦手だった同級生・成瀬と再会します。高校生になった成瀬は、いきなり坊主頭になります。そしてかるた部へ。

レッツゴーミシガン

全国高校かるた大会に出場した西浦航一郎は、高2の成瀬にデートを誘います。琵琶湖のミシガン観光船へ。

ときめき江州音頭

成瀬と島崎の「ゼゼカラ」が、地元のお祭りで司会を務めます。高校卒業前の2人の物語。

『成瀬は天下を取りにいく』名言

成瀬には言葉のインパクトがあるんですね。成瀬の名言を中心に、紹介していきます。

「この夏を西武に捧げようと思う」

この言葉は、成瀬を本作を象徴します。引きのある言葉。読み終わると、よりカッコよく感じます!

「暗くて寒かったら、今頃もっと寂しいから」

西武に捧げるのは、成瀬には明確な理由があったんですね。大切な人を思っての行動だとわかります。

「通常より二秒遅い」

成瀬がなぜかなにもかもうまくいかない状態になります。島崎が東京に引っ越すと聞いてから。大事な存在だったとあらためて感じる言葉です。

「成瀬と一緒ならできると思ったからやってきたの」

島崎の言葉。成瀬は、いつも自分に振り回されていないか、不安になったとき、島崎は気持ちを伝えます。

「間違えました! ゼゼカラは解散しません!」

島崎が東京に行くことになり、成瀬はゼゼカラは解散するのではないかと考えていました。島崎が宣言する場面!

とにかく成瀬が最高!

成瀬というキャラクターが突拍子もないようでいて、すごく思いやりがあるんですね。島崎とのコンビもすばらしいんです。最高です!

ぜひ成瀬に魅了されてほしいと思います。

『アルジャーノンに花束を』ネタバレ解説・あらすじ紹介!タイトルの意味は?

『アルジャーノンに花束を』は、読んだとき涙が止まりませんでした。

大人でありながら6歳児の知能しかないチャーリイが、IQレベルが上がっていくなかで、さまざまな感情が生まれるんですね。

『アルジャーノンに花束を』について、あらすじやネタバレを交えて解説していきます。

『アルジャーノンに花束を』あらすじ

32歳になっても知的障害のため、6歳児程度の思考力しかないチャーリイ・ゴードン。彼はハツカネズミのアルジャーノンと同じ手術を受けて、知能を取り戻していきます。

しかし、その知能は一時的なものでした…。チャーリイは元の状態に戻っていきます。

チャーリイが綴った文章の形式で、はじめはひらがなが多いのですが、徐々に漢字や表現の幅が広がっていくんですね。

知的さとはなにか、人間らしさとはなにか、深く考えさせられる名作です。

『アルジャーノンに花束を』登場人物

  • チャーリイ・ゴードン:主人公。精神年齢は6歳ほどの知的障害者。
  • アルジャーノン:ハツカネズミ。チャーリイが受ける手術を先に受けたことで、天才的な頭脳を持つ。
  • アリス・キニアン:チャーリイが通う学校の担任。
  • マット・ゴードン:チャーリイの父。
  • ローズ・ゴードン:チャーリイの母。
  • ノーマ・ゴードン:チャーリイの妹。

『アルジャーノンに花束を』タイトルの意味は?

『アルジャーノンに花束を』のアルジャーノンは、ハツカネズミの名前。チャーリイが、心の支えとしていたのがアルジャーノンでした。

『アルジャーノンに花束を』ネタバレ

ここから『アルジャーノンに花束を』についてネタバレを交えて紹介していきます。

起:友だちと同じようになりたい

知的障害のあるチャーリイ・ゴードンは、パン屋で働く32歳の男性。しかし、手術で知能を引き上げるチャンスを得ることになります。周りの人々に馬鹿にされるながらも、チャーリイは手術を受けることを決意するのです。

承:知能が向上していく

手術が成功し、チャーリイの知能は飛躍的に向上していきます。読書や学習を熱心に行うことで、かつての自分を受け入れられなくなります。そして、人々の気持ちが分からなくなり、孤独を感じるようになっていきます…。

転:一時的なものだと判明

ある日、ハツカネズミのアルジャーノンの実験から、1つの事実が明かされます。

チャーリイの知能向上は一時的なものだとわかったのです。やがて元の知的障害者に戻ってしまうのです。チャーリイは恐怖に駆られ、自暴自棄となっていきます。

結:知能とはなにか?

チャーリイの知能は次第に低下していきます。同時に、手術前の純粋な人となりを取り戻していくのです。最期には、自分らしく生きることの大切さを悟り、感謝の気持ちを胸に、チャーリイは静かに旅立っていくのです。

感動の物語

チャーリイは純粋な状態から、知能を持つことで、さまざまな人の思惑を知っていっきます。知能を持つことがいいことなのか、深く考えさせられました。

宮部みゆきおすすめ小説13選!最高傑作は?ベストランキングを紹介

読む手が止まらない!

宮部みゆきの小説は、どんどん先が気になって、読み進めてしまうんですね。

ミステリー、ファンタジー、時代劇と幅広いジャンルを書いていますが、宮部みゆきのおすすめ作品を紹介します。

宮部みゆき ベスト5!最高傑作は? 

宮部みゆきのベスト作品を紹介します。

1位『模倣犯』

前代未聞の連続女性誘拐殺人事件が起こる。犯人グループは、悪事に手を染めたヒロミと、カリスマ性のあるピース、そして引き込まれたカズ。ピースはテレビ番組に出演して、劇場型犯罪の様相を呈していく…。

犯人がなぜ殺人を起こしたのか、そしてどう隠ぺいしようとしたのか、犯人視点で展開されます。タイトルの意味が明かされる仕掛けも秀逸。ラストの劇場型犯罪にいたるまで、ハラハラしながら読み進めてしまうはずです!

2位『火車』

休職中の刑事である本間は、ある女性の捜索を行う。遠縁の男性の婚約者の行方がわからなくなったのだ。徹底的に足取りは消されていた…。

真相はカード破産という社会問題の背景が見えてきます。ラストの展開がすさまじく、ぜひ読んでほしい。宮部みゆきの巧みさに、度肝を抜かれた作品です!

3位『理由』

荒川区の高級マンションで、一家皆殺しと思われる事件が起こる。数々の証言が続くが、いったい事件はなぜ起こったのか?

疑似ドキュメントとして、ていねいに真相に迫っていきます。まるでいっしょに情報を集めているかのような臨場感が生まれていきます。

4位『ソロモンの偽証』

ある日、クラスの柏木卓也が転落死した。いったいなにが原因だったのか。マスコミが騒ぐなか、生徒たちだけの模擬裁判がはじまる。

これまた宮部みゆきの力量を感じさせる作品。謎を解くという形式でありながら、1つの事件が先生や生徒、保護者になにを巻き起こすのか、丹念に描いています!

5位『龍は眠る』

豪雨のなか運転していると、マンホールが外れていることに気づく。近くには黄色い傘。雑誌記者の高坂は、子どもが落ちてしまったことに気づく。自転車をパンクさせた少年・稲村慎司を、車に乗せてあげることに。そして慎司は超常能力者だと告白し、事件の真相を語りだす…。

宮部みゆきの初期作品には、超能力者ものが多いのですが、本作は傑作です!冒頭からして緊迫感があって、さすがの描写力。宮部みゆきのおもしろさって、日常のなかに超能力者がいるという設定にあります。

「信じる信じないの問題じゃない。それはそこにあるんです」

宮部みゆき おすすめ作品

宮部みゆきには、ほかにもたくさんのおすすめ作品があります。

『蒲生邸事件』

浪人生の主人公がタイムスリップ。そこは二・二六事件の当日だった…。

戒厳令という閉鎖状況で、現代の若者が放り込まれたらどうなるのか?を描いた作品。二・二六事件が目の前で起こるようなリアルさを感じることができます。

『誰か』

杉村三郎シリーズ。ごく普通の勤め人である杉村が、事件を追っていく。『名もなき毒』『ペテロの葬列』『希望荘』へと続いていきます。

『ブレイブストーリー』

ファンタジー作品。とはいえ冒頭は現実世界が舞台で、子どもたちの日常や異変を描いていきます。本作から『ドリームバスター』『英雄の書』『悲嘆の門』といったファンタジー作品の系譜が生まれていきます。

『孤宿の人』

長編の時代劇小説。領内で、不審な毒死や謎めいた凶事が相次ぐ。

時代劇にミステリー要素をふんだんに盛り込んでいるだけに、あっという間に読めてしまいます。

宮部みゆきおすすめ短編

宮部みゆきのおすすめ短編はこちらです!

『十年計画』

『人質カノン』収録

2人の女性の会話。時刻が午前2時をまわったところで、なにか違和感が生まれます。

基本的に会話で進んでいくので、2人がどんな空間にいるのか、2人が居合わせたのはなぜか、まったくわからないんですね。そして「殺人」「計画」という言葉が出てくることで、なにやら不穏さが出てきます。

明かされる展開に驚きが…。さすがの短編です。

『朽ちてゆくまで』

『鳩笛草』収録

亡くなった両親が残したビデオには、自分の成長記録が残されていた。かつて自分には特殊な力があったことを知る…。超能力者もの。泣けます。

『雪娘』

『チヨ子』収録

小学校の同級生たちが居酒屋で集まる。その席で、12歳のころ、殺されて雪の中で発見されたユキコという少女の話になる。犯人はいまだ捕まっていない未解決事件。

犯人の目星はついているようなのですが…。悲しく美しいゴーストストーリーです。

『地下街の雨』

『地下街の雨』収録

職場恋愛から婚約にいたった麻子。しかし挙式の2週間前、破談になってしまう。退職してウエイトレスとして原木始める麻子のもとに、あの女がやって来た…。心が温まるミステリー短編。

人の心情と描写が巧みな作家

宮部みゆきは、人の心情と描写が巧みだと思います。読んでいるとのめり込む、だからこそ物語に引き込まれてしまうのです。

ぜひ気になった作品があれば手にとってほしいと思います!