たかゆう日記

本が好きです。読んだ本を中心に、映画・マンガ・テレビなどについても言及できればと思います。

田代まさしが語った「薬物依存」の恐怖に戦慄する

www.tbsradio.jp

今年の芸能ニュースは、「薬物」の話題が多かった。

元タレントの田代まさしさんが12月13日、「荻上チキ・Session-22」(TBSラジオ)にゲスト出演して、薬物依存について語ったのだが、その内容が衝撃的だった。

薬物依存のきかっけはテレビのADだった

田代まさしさんが薬物に手を出したのは、人気タレントとしてテレビに連日出演していたころ。

売れっ子だったのだが、その分ストレスも蓄積していたようで、テレビのADから覚醒剤を渡される。

すぐやめられる、そう思って手を染めた。

初めて薬を使ったときの感想をこう語る。

「もうスーパーマンになったような感じだった」

途中から薬のために仕事をしている状態になったという。

「使っているときは、申し訳ないけど、薬やめろよっていわれても、俺にとって覚醒剤は「白い恋人」だったわけ。恋人の悪口言われると頭くるでしょ。それと同じようなことが起きるのよ。なんで俺の恋人の悪口言ってるんだよって。こんなに俺を解放させてくれてるのにって」

握手会イベントで薬を渡される

最初に逮捕されて3年半服役して、それから2年半は薬物を絶っていた。

だが、ある握手会イベントで、参加者から覚醒剤のパケを渡されて、再び薬物依存になってしまう。電話番号も入っていて、上客としてカモにされてしまった。

薬物依存は病気である

薬物に手を出すか、出さないか。

これは、本人の意志で判断できる。もちろん別のことで精神的に追い詰められて、手を出さざるを得ない人もいるかもしれないが、それでも本人が選択しているとは言える。

だが薬物を使った途端、本人の意志は消えさる。依存症は意志だけで脱却できるものではない。

薬物依存は、「病気」だ。

病気にかかったとき、1人では治すことはできない。だから周りの手を借りるべき。

全文は以下から。

【全文書き起こし】田代まさしさんが語る、薬物依存症の実態と必要な支援とは?【音声配信】|TBSラジオAM954+FM90.5~聞けば、見えてくる~