読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

たかゆう日記

本が好きです。読んだ本を中心に、映画・マンガ・テレビなどについても言及できればと思います。

「佐藤可士和の本」から打ち合わせが10倍うまくいく方法を学ぶ【図解あり】

ダラダラといつまでも終わらない打ち合わせ。 やる意味があったのかなかったのか、よく分からない打ち合わせ。 打ち合わせによって、クオリティが違うと感じることはないでしょうか?

『おおかみこどもの雨と雪』の花はめちゃくちゃ精神強い。母性の塊みたいな人だ

個人的にものすごく大切で大好きな作品。 映画『おおかみこどもの雨と雪』が金曜ロードショーで放送されて、再見しました。以下、ネタバレしながらの感想になります。 おおかみこどもの雨と雪(本編1枚+特典ディスクDVD1枚)出版社/メーカー: バップ発売日: 20…

勉強になったメディアに関する本8冊

国内だとDeNA社のウェルク問題、アメリカだとフェイクニュース問題など、ウェブメディアの存在価値が問われることが多くなってきました。 そもそもメディアって何なのか? そしてメディアはどこへ向かうべきなのか? 「メディア」のあり方を考える上で、参考…

藤子・F・不二雄のブラックすぎるSF短編ベスト50

藤子・F・不二雄といえば『ドラえもん』『オバケのQ太郎』『パーマン』など、ほのぼのな世界観を持った人気作品があります。でもですね…SF短編にはかなりブラックな作品があるのです。そこで僕がおもしろいと思ったものをランキング形式で紹介していきます。

『騎士団長殺し』はとにかく退屈な作品である

とにかく退屈な物語 『騎士団長殺し』を読んでいるとき、とにかく退屈でした。比較的、本を読むのは早い方だと思うのだけれど、読了するのに時間がかかった。ページが進まない。なぜかと思って、その理由を考えてみると、 マンネリ感がある 話のテンポが悪い…

『沈黙‐サイレンス‐』で思い出した映画デートの話

chinmoku.jp なんかデジャヴ感あるなと思ったんです。 マーティン・スコセッシ監督の3時間近くの大作映画『沈黙‐サイレンス‐』を見終わって、どこかで同じような映画体験をしてるなと。 それが映画『パッション』だと判明しました。キリストが十字架を背負う…

【展示】「世界遺産ラスコー展」はロマンあふれる内容でした

どうもです。 先日、「ラスコー展」に行ってきました。 特別展「世界遺産 ラスコー展 〜クロマニョン人が残した洞窟壁画〜」 ラスコーの洞窟壁画は非公開になっていて、現地に行っても見ることができないんです。なので、ラスコーの洞窟壁画を再現した今回の…

恋愛番組「バチェラー・ジャパン」はセレブ男性1人と美女25人の残酷ショーだった

イケメンセレブ男性1人に、美女25人が群がる。 なんともゲスな番組が、Amazonプライムで始まりました。 バチェラー・ジャパン 予告編メディア: Amazonビデオこの商品を含むブログを見る 『バチェラー』は全米で2002年から放送され、世界30ヶ国でシリーズ展開…

清水富美加の暴露本のスピード出版、何がすごい?元編集者として考察する

全部、言っちゃうね。 ~本名・清水富美加、今日、出家しまする。~作者: 千眼美子出版社/メーカー: 幸福の科学出版発売日: 2017/02/22メディア: 単行本この商品を含むブログ (1件) を見る 清水富美加の『全部、言っちゃうね。』が2月17日に発売されました。 …

弱点克服はいらない。『さあ、才能に目覚めよう』で強みを活かすべき理由を知る

本書の目的は、「強み革命」を起こすこと。 要は、「弱点に目を向けて、短所を改善しようとしても遠回りでしょ? 強みに目を向けようよ。才能はだれにでもある。長所をガンガン強化していったほうが、個人もチームもハッピーになれるよね」というわけです。

金正男が暗殺されたのは必然か。7時間インタビューと150通メールから読み解く

金正男が、マレーシアで暗殺されたという報道が駆け巡っています。 Chosun Online | 朝鮮日報 「マジか!」と思ったのと同時に、「ついにか…」という気持ちもありました。 金正男は、現在の北朝鮮最高指導者・金正恩のお兄さんなんですね。 金正男→ 長男 金…

『超ノート術 成果を10倍にするメモの書き方』がワクワクする内容でした!

超ノート術 成果を10倍にするメモの書き方作者: 佐藤ねじ出版社/メーカー: 日経BP社発売日: 2016/10/14メディア: 単行本この商品を含むブログ (4件) を見る 『超ノート術 成果を10倍にするメモの書き方』がワクワクする内容だったので、ご紹介します。 著者…

ドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』の原作マンガからは哀愁がただよう

ドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』がスタートしていますが、原作は藤子・F・不二雄の中編マンガになります。僕は藤子・F・不二雄の短編中編が大好きで、要チェックドラマでした。

『夫のちんぽが入らない』エロ本扱いで買った己を恥じたい

発売日に本屋をはしごしたのは久しぶりだった。「夫のちんぽが入らない」がものすごく読みたかった。1軒目、2軒目は置いてなくて、3軒目の本屋でようやく見つけた。平積みになっていた。 本を手に取ってみた。そのまま戻した。店内をウロウロする。また手に…

『著作権とは何か』ネットで情報発信するなら知っておきたい基礎知識

著作権というのは、ネットで情報発信する上で避けては通れないものになりました。ちゃんと勉強しておきたいと思って、手に取ったのはこちらの本です。

「クレイジージャーニー」元日SPがやはりトンデモなかった。

だいぶ遅くなりましたが、「クレイジージャーニー」が元日から見ることができて、なんと贅沢なことかとテンション上がってました。

【クレイジージャーニー】2016年の放送回を全部見たので、神回トップ5を決める

www.tbs.co.jp 地上波でここまでの映像を見せてくれるのか。刺激的な内容に、驚き、興奮し、感嘆した。 それが「クレイジージャーニー」! 登場する人たちは、まさに「クレイジー」で常識では計れないことをやってのける。世界は広いし、人間ってとてつもな…

『真田丸』は転職活動ドラマだった

大河ドラマ『真田丸』って、何かに似てると思ってたんですよね。 ようやく判明しました。 これって、転職活動だわ。

【ブルータス】「危険な読書」の本が刺激ありだった

雑誌「ブルータス」(2017.1/1.15合併号)は、「危険な読書」。 こんな本あるのか・・・!の連続で、なかなか刺激的な内容でした。

【タマフル】秋の推薦図書特集2016「本を1冊読むたびに、自分の中の窓が開く感じなんだ」

タマフル秋の推薦図書特集の本をまとめています!

田代まさしが語った「薬物依存」の恐怖に戦慄する

今年の芸能ニュースは、「薬物」の話題が多かった。元タレントの田代まさしさんが12月13日、「荻上チキ・Session-22」(TBSラジオ)にゲスト出演して、薬物依存について語ったのだが、その内容が衝撃的だった。

『不格好経営』を再読してDeNAイズムとは何かを考えてみた

DeNAの遺伝子としてモラルハザードを起こしやすいという指摘も見られますが、果たしてそうなのでしょうか? DeNAの創業者である南場智子さんの著書『不格好経営』を再読してみました。

『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか』答えはコチラの本に書いてありました

「仕事が締め切りまで終わらない」 「なる早でやってくれと言われる」 「リスケするけれどさらにトラブルが…」 こんな経験はないでしょうか? 仕事術本『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか』が解決のヒントをくれる内容だったので、ご紹介したいと思います…

「2016年本当に面白かったゲームはこれだ!特集」で取り上げられたタイトルをまとめてみた

TBSラジオ「ライムスター宇多丸のウィークエンド・シャッフル」を愛聴しています。 ムービーウォッチメン!は必聴なんですが、特集も胸アツなものが多い。 12月3日に放送されたのは「2016年を総括したとき、本当に面白かったと言えるテレビゲームはこれだ!…

【小説】『何者』がイヤぁな雰囲気を見せつける

何者 (新潮文庫) 作者: 朝井リョウ 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2015/06/26 メディア: 文庫 この商品を含むブログ (16件) を見る なかなか読めなかったけど、ようやく読めた。 淡々とした心理描写がベースで、感情が爆発する瞬間がある。『桐島、部活や…

「100分de名著 手塚治虫」が濃厚すぎたので、取り上げられたマンガ作品をまとめてみた

手塚治虫マンガについて、100分語り合う。かなり濃厚な内容だったので、番組内で取り上げられた作品をまとめておこうと思います。 www.nhk.or.jp MC: 伊集院光 礒野佑子 ゲスト: 女装パフォーマー・ブルボンヌ 映画監督・園子温 精神科医・斎藤環 宗教学者…

疲れが取れません。まったく・・・『最高の休息法』は救いの書だった

疲れが取れません。まったく。睡眠をしっかり取っても、運動をしても、体がダルくて仕方がない・・・

お金本はもはやこれ1冊でいい!『難しいことはわかりませんが、お金の増やし方を教えてください!』

お金にまつわる本は、たらふく世に出回っていますが、本書はすごいです。 何よりクソ分かりやすい!

三代目がレコード大賞を逃すなんて絶対にあり得ない! 受賞すべきメンバーを集めてみた

11月18日に、今年の「日本レコード大賞」各賞の受賞者が発表された。宇多田ヒカルや西野カナ、浦島太郎(桐谷健太)らが選ばれたが、「三代目」の名前はなかった。 おかしい、何か裏があるんじゃないのか。 「三代目」はこんなに魅力的なのに、なぜ選ばれて…

なぜ本の自炊なんて進めるの? 絶対にやるもんじゃないと痛切に思った5つの理由

本が好き。大好きです。 だけど、部屋がせまくて、本が入りきらない。なので、いつか自炊をしてすべて電子化したいと思っていたのですが、先日ついに決行しました。 結果・・・ すげぇダルい。電子化、すげぇダルい。 もう死ぬかって思いました。 この作業っ…